FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

風邪注意報!!

両想い期
                               2年の秋だけど、気まずくなってません

・・・・あれ?
休日をはさんで久しぶりに見た君は、マスクをつけていた。新鮮だなー・・じゃなくてっ!
「黒沼大丈夫?風邪?」
マスク姿の黒沼は、
「うん、少し風邪ぎみで・・・」
と言ってせき込んだ。たしかにいつもより頬がほてっていて、目もとろんとしている。
今日早起きの黒沼が俺より遅く来たのも、そのせいだろう。
「風邪対策は万全だったはずなんだけれど・・!」
「んー・・湯ざめしたとか、夜更かししたとか?」
黒沼はしばらくうーんとうなっていたあ、思い当たる節があったのか、
「あ・・・」
と声を漏らした。
「何?」
「え・・っ!!えっと・・・」
黒沼が目を泳がせる。なんなんだ?気になる!
「教えて!!」
「・・・・っ」
黒沼はきっと熱のせいだけじゃないほどに赤く頬をそめて、
「風早君のことを考えてたら眠れなくって・・・!!」
と言った。


「・・・・・・・・・・あ~もー//!!」
「!?」
俺の声にびくりとした黒沼に俺は


     「そんなこと言われたら、俺も風邪になっちゃうじゃん・・・」

             今夜はきっと眠れない。


やっと期末終わったーー!!(-w-)/わーい
これからはばんばん書いちゃうぜ!!笑

この超短編は実は学校の宿題なのです。指定された漢字を使って小説を書くという・・
妄想のためにあるようなもんですよね!!!

やっと12月になるのでけっこー長いクリスマス話をいれようかな・・学校の人があきないようにちょいちょい内容も変えて・・うーんでもためてる短編もあるので、そっちが先かも?
まあ気ままに更新していきます。

私が今まで書いた小説、これから書く小説は君に届けの二次小説で、原作者様、出版社様とは一切関係ありません!!

スポンサーサイト



| 君届小説 短編 | 2012-02-25 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT