FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(ホワイトクリスマス)

下心 です。クリスマス会の続きです!



最後の歌詞。風早君と目があって思わず風早君への気持ちを込めてしまった・・・!!
はずかしい~///

      でも、あるんだ   曲と一緒にプレゼントが
            風早君に届いてほしいと思ってしまう気持ち
     私の、下心・・・・。



「じゃあ来年は参加する人が減るのを願って(彼氏彼女ができることを願って)~
解散ーー!!」

雪がちらほらと舞う中、2年D組のクリスマス会はお開きになった。
ミニゲームにプレゼント交換、とっても楽しかったけど・・・・
   まだ渡せてない、プレゼント・・・・・
「じゃーね!!」
「バイバーイ!!」
2年D組が四方に散っていく。風早君の家と私の家の方向が違うから、
渡すなら今しか・・・あれ?風早君がいない。
え?もう帰っちゃったの??
「爽?どうしたの。きょろきょろして・・」
「あやねちゃん、ちづちゃん!!風早君が・・・」
「風早?風早なら忘れ物取りにカラオケに行ったよ。」
「ありがとう!!」
「・・・・・がんばんなよ!爽子!!」
「・・・・・うん!」
私はカラオケボックスのドアを押した。


「あった!」
自分が座っていた席の下にそれがあった。    黒沼への、プレゼント・・・・
「・・・もう帰っちゃったかな・・」
壁にかかった時計は、パーティーが終わってから15分過ぎた値をさしていた。
帰った、よな・・・
「風早君・・・・」
!え・・・・
「黒沼!?」
声をかけたら風早君はすっごく驚いて振り返った。お・・・驚かせてしまった!!
後ろから声をかけるのはやめよう・・・
「もう帰ったのかと思ってた。」
「え?あ・・」

・・・・・・風早君を、探してたんだよ。
風早君に、渡したい物があったから・・・・
                いつも  ありがとう・・・

・・・・言わなきゃいけないことはたくさんあるのに、いざ前にすると言葉にできない。
プレゼントから、言葉の端から、私の下心が見えてしまいそうで・・・・
「黒沼?」
「あ・・・!お、落し物をしてしまって!ここにあるかなって思ったんだけれど・・」
ー・・嘘をついてしまった。下心がばれるのが怖くて。私は本当にだめだな・・・・・
風早君にも、応援してくれたみんなにも申し訳ない・・・
「一緒にさがそ?物の下とかになってるかもしれないし。」
「!!ううん いいの!きっと来る途中で落したんだと思うので・・」
「じゃあ送るし!ついでにさがそ?」
「!?いいよ 大丈夫!そんなに大切なものじゃないから!!」


黒沼を家に送るとき、俺はだいたい「いやなら言って!」って言う。
黒沼はそう言うと申し訳なさそうな顔をするけど、うれしそうに笑うんだ。
だけど今日は、申し訳なさそうっていうより、すごく悲しそうな顔をした。
黒沼が、笑わなかった。

「黒沼、落したもの大切だったんじゃないの?大丈夫?」
「本当にたいしたものじゃないので・・・」
そう言って笑う黒沼の笑顔はぎこちなくて。今にも泣き出してしまいそうで。


ねぇ   どうして?

どうしてそんなに悲しそうなの?

どうして俺には教えてくれないの?

いろんな思いが渦巻いて、気付けば俺は黒沼の手くびをつかんでいた。

「黒沼」


「風早君・・・?」
風早君の目と腕は、しっかり私を捉えていた。
「どうして元気ないの?・・・俺に、教えて。」

ー・・どうして元気ないの?
それは自分の下心のせいでプレゼントが渡せなくて、嘘をついて、
その上送ってもらってー・・申し訳なくて。自分がとてもいやになるから。

ー・・俺に、教えて
もし風早君に気持ちを伝えたら?風早君は好意で私に優しくしてくれているのに、
私に下心があるってわかってしまったら?
きっと今までみたいな関係ではいられない。あいさつもできなくなるかもしれない。
怖いー・・この関係を、失いたくないの。

「ご・・ごめんなさい風早君・・・ごめんなさい・・-」
「黒沼?どうして謝るの?教えて!」
「なんでもないよ!なんでもないからー・・」

伝えるなんてとてもできない。
この気持ち、どうしたらいいのかわからない。
ごめんなさい風早君。ごめんなさいー・・・

「黒沼!」

私はその場から走って逃げてしまった。



くっ・・・暗い!!
今日学校のお昼の放送が「君に届け」でした!!!うれしかった!!
そしてうれしくて飛び跳ねる私をみんな見てた!!恥ずかしい!!



あれ?準備よりクリスマス会のが短い??・・・・まぁこれからですよ!!うん!!
昨日は学校もあり夜は月食ってことで更新せきませんでした(言い訳)
今日も寒いなぁ・・・こんな日は毛布にくるまって君届観賞にかぎります!!
後は冬休みを待つだけ!!更新もできるはず!!

スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2012-02-25 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT