FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤髪の白雪姫 二次小説(毒の林檎に口づけを)5

甘甘な話までたどりつけなかった・・・汗じ、次回こそ!
じ、実はリクエストのゼン×白(甘)とミツヒデ×木々が並んだ・・・!びっくりです!
と、いうことでミツヒデ×木々を書いているのですが、むむむ、難しい・・・!!!!



ココ草の香りが広がる薬草園は、やっぱり落ち着く。
私とゼンは木の台に座った。
「で、どうしたのゼン?仕事は?」
「今片づけてきたところだ。お前はいいのか?」
「うん。今建国記念日に向けて仕事が軽めだからね。」
そう言ったとたん、ゼンが固まる。
「・・・・・・ゼン?」
「・・・あー・・・いや・・・お前たちは、劇をするんだってな。」
オビに聞いたのかな。
「うん そう。だから落ち着ける薬草園で台本を覚えようと。」
「ふーん・・・。」
ゼンは薬草のひとつをなでる。
「それで、だな・・・。お前が その・・・主役をやると聞いてな。」
「ああ・・・うん。やれるか不安なんだけど・・・せっかく任せてもらったんだしね。がんばるよ。」
私は拳を握って意気込んだ。

あとがき
おおお・・・前回のあとがきで次回は甘甘な回にするとか宣言していたくせに!!なんかおかしなことに!!たどりつけませんでした・・・すみません泣

文化祭が近づいてきました。いよいよです。バザーのチケット買わねば・・・
今年は学校全体でステンドグラスを作るのですが、これがまた・・・デザインがね、、、
なぜ勉強してる風な男の子!?勉強しろっていう無言の重圧ですか!?いやだわあ本当(どんな言い回しだ)
とりあえずマンガ的イベントが起こらないか胸をはずませることにします。
まあどうせ「ここに爽子と風早くんがいたら・・・!」とか妄想に考えがスライドするんでしょうがねw

お好み焼きを猛烈に食べたいマロンでした☆

スポンサーサイト



| Apple tea | 2012-06-05 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT