FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤髪の白雪姫 二次小説(I want to eat the apple)

えーーー・・・またしてもやってしまいました、赤髪の学園物。
完全パラレルとなっております。ゆえ、いつも以上にイメージを壊す危険性大、です!!
ですから!!おすすめします!!「続きを読む」を押すことを!・・・違った!押さないことを!
正直言うとマロンの英語力のなさがばれてしまうところがはずかしかったり!!

いろいろ問題ありすぎるこの作品!チャレンジャーでもつらい過酷なヤマになっているかもしれません。
マロンは甘くしたかったけれど甘くなかったかもしれないこのヤマ・・・
見届けてくださるかたは・・・Read More・・・うおお

あ、ちなみにゼンは高3、白雪は高2で・・・
どっかの図書館で勉強してるってことで・・・(適当すぎる)



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「ねえ ゼン。ここ、わかるかな?」

そう言って、不意に向かいに座る白雪が、赤い髪を揺らした。

「 I want to eat the apple 」

「ん?英語か?」
「うん。ちょっとわからなくて。」
白雪はこっくりとうなずいて、プリントの一部を指で指し示した。

「ふうん・・・めずらしいな」
俺の言葉に、白雪はなにが?というように首をかしげる。

白雪は桜野でも優秀だ。薬剤師になる、という目標があるのも大きいんだろう。
ただ勉強している姿はよく見るが、だいたいいつも自分の力で解いてしまうので、先輩として俺の出る幕はないんだが・・・

「ここか?」
書かれた英文に目を通す。高3で習う英文もあるな・・・
「あー・・・ここはな、基本の文を作って考えるとわかりやすい。」
俺はそう言ってシャーペンをノートの端に走らせた。白雪はそれをあわてて目で追う。

「そうだな・・・本文ではこうあるが、たとえば・・・I want to eat an app・・・」

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!///

「・・・ゼン?どうかした?」
「! い、いや・・・」

『 I want to eat an applle 』

無意識に目の前の赤に目が吸い寄せられる。

『私はりんごが食べたい』

・・・・・・偶然、だと、思いたい。

「ゼン?・・・大丈夫?」
白雪に顔をのぞきこまれて、あわててシャーペンを持ち直す。

「あ、ああ・・・すまん。
だから、ここは・・・」

俺の説明に真剣に聞き入る白雪に、目を落とす。
窓から入り込む風に、髪がゆるやかに揺れる。

その赤は、まるで

ポツ・・・「 I want to eat the apple・・・」

「え?」

不思議そうに顔をあげた白雪に、思わず口元に笑みが浮かぶ。

「なんでもない」

 I want to eat the apple

『わたしはそのりんごが食べたい』

世界にたったひとつ、

目の前でゆれる、

その、赤を。

あとがき
・・・マロンの宿題に乾杯!この英文はマロンににっっっくき宿題からいただきました♥
この英文にあたったときシャーペンがとまり、そのまま左にスライド。
常に装備している妄想ノートへ、さささ・・・と。
おかげでこんな妄想がしあがってしまいました☆
もう!こんな英文あったら妄想するしかないでしょうに!に!(いや宿題しろよ)
ははは・・・お粗末さまでした。

今日はナルト、見に行ってきましたよーーーー!
ちなみに私は明日お友達のおうちにお泊りゆえ、もしかしたら更新できないかもしれません・・・ううう。

ナルトについてはのちほど熱く語らせていただくつもりです(えー)
一緒に妄想してください><(こらこら)

スポンサーサイト



| Apple tea | 2012-07-29 | comments:1 | EDIT | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/08/16 17:20 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/179-40d6c427

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT