FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

別マ 9月号ネタばれ感想

ほわあああああああああああああっっっ///
えええええええええええええええっっっ///
きたあああああああああああああっっっ///

わ、わたしもうだめかも・・・だめだだめだあああああ///

ある親切なかたに教えていただき、コンビニに直行・・・!!手に入れてしまったああああ
永久保存版ふっわああああ///

なんもう注意書きもなにもないからあああああ///
ネタばれなしとか思ってる人も、今すぐ別マを買いに行くべきですっ!!!ふおおおおお


さささ、最初はですね(落ち着け)龍とちづちゃんのいい感じの1コマ!!
なにこのオーラ!しあわせオーラ!龍の優しく見守る視線があああっっ//

場、場面変わりましてー・・・こちら風早くんのターン!ターン!
会場からいなくなった爽子を探しに風早くん、部屋を後にします!
なんかじゃま!なんかたくさんのひとが風早くんをひきとめにかかりますが!(じゃま!)そこは愛ゆえ!!ゆえ!振り切りますよ――!!!ゆけ!ゆくんだー!爽子はすぐそこ!(このテンションどうにかして・・・)

そして風早くん、たどりつきます。・・・状況飲み込めてないですよね!だろうね!
愛しの彼女とピン先生となぜか鼻血たらした茂木くんだもんね!
ピン先生の誘導で爽子さんは先に帰らせられます。くるのか・・・!ピン名言・・・!

「そーいやおまえら つきあってどんぐらいになるんだ?」
「えっ?」
ピンの突然の質問に風早くんちょっとお焦りなご様子。でも真面目に答えますよ!
付き合い始めたのが学祭からだから、半年ですね~
「半年かー半年!えらいなあお前は!うん えらいえらい」
なっ・・・ピンが風早くんをほめてる・・!怖くなかったのはマロンだけではないようで風早くんの疑わしげな視線といったらw
ピンのほめてる理由がすぐにわかりました。
「半年もの間手―ださずにガマンしてんだろ!」
「!」
「えらい!俺っくらいになるとそんくらい見てたらわかる!えらい!」
この勢いのピンに風早くんたじたじw

「いーか お前の選択はな 正しい!!」
えっ!?正しいの!?えっそれじゃ困るんだけど・・・(黙ってろ)
「実に立派!!」
ピンは息を大きく吸って――・・・

ぽんっ

「一生貫け!!」

風早くんの肩に手を置きました。

いいいいっ一生!?
風早くんもうなってますよ!!!

「イヤまじで

正しいと思う事を おまえ頑張ってんだろ?」

・・・ふわあ・・・やっぱりピン先生かつこいいね・・・!ビバ!ピンせんせ――!

「・・・・・・うん

実際正しいかどうかは ・・・・・・・・・・・・わかんないけど」

「そんなもん俺も知らん!よしそろそろ時間だな!」
予想外だったのかピン様の答えに、風早くん「へっ」てもらしてますよw
そのまま「おひらきだー!」と打ち上げ会場に乱入してしまうピン先生!ははは!やっぱり(?)

そんななかに師匠とあやねちゃんが帰ってきましたよ・・・くっ
今月はいいとこあったから見逃すけどね!
マロンはピン派なんだからね――――!!!(だから黙ってろ)

「・・・爽子 
 ケントと・・・一緒に帰るね」

爽子は目に涙を浮かべて、こくりとうなずきます。
うううっ・・・あやねーさんをなかしたらしょうちしないぞ!

そこに・・・
「わっ
もーおひらきになってる!」
「あ・・・ちづちゃん荷物・・・」
忘れてた!(おい)ちづちゃんと龍が帰ってきました!
うん!いい感じのオーラだしてんね~(←?)

「千鶴 帰んでしょ」
「あっ あーうん!!」
元気よく返事したちづちゃんの手には、龍からのプレゼントが。
爽子もきがついたようです。

「・・・爽! また あらためてゆっくり!」

「・・・・・・うん!」

な・・・なにがあったの――!!///
これは遠まわしに「恋バナ」のお約束ですよね!?ふおおおお――っ!!待ってるーーー!(帰れ!)

一方、カラオケの外で爽子が出てくるのを待つ風早くん。

・・・・・・・・プレゼント
帰りに渡そう・・・・・・・

・・・・正しいのか
どうなのかは わからない

ただ

近づきすぎると タガがはずれてしまう

手をのばしたら 届く距離に黒沼は いて


届いてしまったら


きっと 力いっぱい

抱きしめて

キスしてしまう

距離なんかもう

全部 なくして

ちがうんだ

風早くんの脳裏に浮かぶのは、爽子の笑顔

大事に

大事にしたいんだよ ずっと

きちんと距離を保って

きちんと――――・・・

ああああっ!!もう///考えすぎだよ!!でもそこがすきなの!(うるさい)
もういいじゃないかっ!!距離なくしちゃえよ!!抱きしめてキスすればいいよ――!!!
・・・と、マロンが思っていたところへ、爽子の登場。

「帰る?」
「・・・・・・・・・う うん」

そんなぎこちない2人を北幌生が見とがめます。

「あの2人まだ付き合ってたの!?もうつきあってないかと思ってた。クリパも来てるしさー」
「あーおまえ クラス違うしなー・・・」

・・・・・・・ひっこめ!!うわああ!!今大事なところなんだからああああ!!!

そんな言葉を聞いて、爽子は帰り道その言葉を反芻します。

もう 
   つきあっってないと思ってた


・・・・・・・つきあって・・・・・・・
・・・・いるのかな・・・・・・

思いだされるのは、ジョーの言葉

『だって 風早 教えてくれねんだもん』

明日から 冬休みだよ 風早くん

もしかしたら・・・・・・・・
・・・・・・・会えないんじゃないかな このまま
もしかしたら・・・・・・・・

いつのまにか
私たちは
つきあっないことになってるんじゃないかな


急に終わっちゃったら
どうしようって思っていたけれど

もしかしたら もう

もしかしたら もう―――――・・・

『貞子ちゃんと風早のぎくしゃくなんて
目ーつぶって5秒くらい待ったら 解決しそーな気ーするし』

爽子の中で響く、

師匠の――――・・・・

いつかのように、
裾を持って
目を、つぶる

「・・・・・・・・どっ
どうしたの 黒沼」

・・・最後の

賭けだったの

「風早くんのうそつき――――・・・」

爽子の瞳から、たくさんの涙があふれ落ちます。
「次したらわかんないって 言ってたのにうそつき
悩みがあるのに
「ない」って うそつき

私 今日は ただ一緒にいたかった」

去年 あんなに一緒にいたくて
もらってもらいたかったプレゼント

爽子が握りしめるのは、風早へのプレゼントが入ったカバン。

「風早くんが いっぱい仕事してたのわかってる
わかってるけど でも

 1人よりさみしかった・・・・」

今年は 一緒なのに
渡せない

「私のことで 悩んでた?

いろいろ 後悔してる?」

ずっとガマンしていた気持ちが、涙と一緒にあふれだします。

「もう すきじゃない?

こんな私すきじゃない?」

こんな私 すきなわけ


爽子の、言葉を止めたのは
口を、ふさいだのは

「――――・・・・」

風早くんの手が、爽子を手繰り寄せて、爽子の唇に自分のそれを重ねました。

「!」

驚いて目を見開いている爽子に、さらにキスします。

1回、2回、3回、

4―――――・・・・


つづく


ええええええええええええええええええええええええええええっ!!!???
まっまさかのおおおおお!!!
せ。先月号ではまったく考えてない展開でしたっ・・・!
きききき、ついにキッスですよ!!キッス!
あと5カ月ぐらいは引っ張ると思ってた・・・!

なななn、なんんていえばいいの・・・っ!?
と、とりあえず・・・

画像のせたいーーーーーーーーーーー!!!!!

旅先でなければ!くっそおおおおおおっ!!!
あとね!あとですね!来月号の予告カットが超可愛いのですよ!!
風早ドラキュラがかぼちゃ爽子にちゅーしてるんです!(語彙がない・・・)
でもよかった!とりあえずみんな希望の日差しが見えてきたね!
もうこのまま爽子にぶちまけちゃうといいよ!風早くん!風早のターン!カーンっ!!

なんかもう語れそうにないな・・・興奮しすぎて
画像のせるときにまた語るかもしれませんが・・・とりあえず

読みなおさねばっ!!!!!

スポンサーサイト



| Cherry pie | 2012-08-11 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/196-15eaf496

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT