FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT |

あのひとの色は?

「ねえ、私って何色かな?」
真っ白な雪がしんしんと降りつもるのを窓の外に見ながら、あやねちゃんとちづちゃんと私は教室でお弁当を食べていた。
「どういうこと?ちづ?」
「んーイメージカラーってヤツ?プロフにあってさ」
イメージカラーかぁ・・
「ちづちゃんはオレンジとか黄色かなぁ・・?」
「あーそんなかんじかもね。でも私的には赤、かな。(体育祭のTシャツのせいね、きっと)」
「えー!?青系だと思われてると思ってた!!」
「まあイメージカラーって自分のその人へのイメージだからね。人それぞれでしょ。
ちなみに私はどう?ちづ、さわこ?」
「ピンク!!」
「あやめ色かな?」
「やっぱそうか・・・」
あやねちゃんは自分の中の答えと私たちの答えが似ていて満足みたいだった。・・・・
「あの・・・私はどうかな?」
あやねちゃんとちづちゃんは一瞬顔を見合わせてから、
「白!!」
と答えた。しろ、白かぁ・・貞子と言ったら暗い色のイメージをもたれることが多かったからうれしいな
「何やってんの?」

「風早君・・!!」
お昼はいつも早くご飯を食べて外でサッカーをしているのに・・・あ、雪が降っていたらサッカーできないもんね・・
「あーイメージカラーについて話してたのよ。」
「へー・・」
「あっ風早は爽が何色だと思う!?」
「え・・・」
・・おこがましいかもしれないけど、黒とかじゃなっかたらいいなぁ・・・
風早君はちょっと考えてから、
「透明、かな」
・・・とうめい・・?・・あっ!
「そ、そうだよね!私空気みたいに薄い存在で!!」
「えっ!?いやそういう意味じゃなくて!!・・ただキレイだなって・・白よりもっと・・・」
・・・・!!
「あ・・ありがとう!!!」
「ははっ・・なんでお礼いうの!!」
だってこんな言葉、私にはもったいないよ・・・・


びっくり、した。黒沼が「空気」なんていうから。俺が黒沼を透明って言ったもう一つの理由がばれてしっまたのかと思った。

       黒沼は、空気だよ。

           俺にとっては
              
        なかったら
      
           死んでしまうくらい

         大切な存在だから。








初SSです!!大丈夫かな・・原作こわしてないかなぁ・・
13歳の少ない語彙で精いっぱいの小説を書いていこうと思います!!
原作をこわさない!!ぴゅあぴゅあをもっとーに!!
未熟者ですが頑張っていきます・・・


この小説は君に届けの二次小説です。自分の自己満足のためのもので、原作者様、出版社様には一切関係ありません

スポンサーサイト



| 君届小説 短編 | 2012-02-25 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |