FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(ホワイトクリスマス)

エピローグ です。届ける気持ち の続きです!



「えっ!?俺に?」
私はカバンの中からさっき渡せなかったプレゼントを取り出した。
「前会ったときに・・寒そうだなぁと・・・」
「・・・手編み?」
「・・・ごめんね重いよね・・・」
「ううん・・超うれしい ありがと・・」
風早君は袋の中から取り出してはめた。
「あったけ・・・ほんとありがとう・・・」

ー・・風早君が私が作ったものを使ってくれてる・・・喜んでくれてる・・・

どうしよう・・・・きっと風早君より私のほうがうれしい・・・

「黒沼 おつかい?」
「うん コンビニまで・・」
「送る」
「えっ!?いいよ 近いし・・・ここまでわざわざ来てもらったのに・・・」
「だーめ。 黒沼を送るのは彼氏の特権だから!」

風早君は明るく笑って

「黒沼の手をあっためるのも俺の特権!」

手袋を片方だけはずして私の手を握った。

どんな冬よりもあったかい

ホワイトクリスマス。



あとがき
終わったーーーーーーーーーーーーーー!!クリスマス前だし!!!
ああでも途中がけっこう暗かったからなぁ・・・最後は甘めにしたつもりです。
でもいきなり手・・・つなぐかな・・・ううむ・・
学校ももうすぐ冬休みです!もっと更新できるかも
そのためにあいつを倒さなければ・・・
そう中学生の最大の敵、宿題を!!!

次は短編か、むっーかしに書いたスキー編か・・・かなぁ

スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2012-02-26 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT