FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(episode71 風早ver)

・・・だってね、風早くんがかわいいんですもん。
仕方ないでしょう!妄想が止まらない~っ(/▽\)♪
・・・とか、ちょっと言い訳してみました。言い訳。
いつもながら言い訳しないといけない作品になっています(゜ロ゜)
HAHAHAHA☆
まあいつものことですよね!

よければお付き合いください!


・・・・・・・・・正しいのかどうなのか、わからなかった。

ただ 大事にしたくて

手を伸ばして、やっと届いた。
もう絶対に、放したくない。

『一生貫け』

正直、びっくりしたんだ。
そうだ。もしも距離を保って、『大事』にするんだとしたら
それは『ずっと』黒沼に触れないってことで。

・・・それが正しいことだと、自分に言い聞かせてきたのに。
・・・・・・・正直・・・

「帰る?」
「・・・・・・・・う 、うん・・・!」

「あの二人まだつきあってたの!?」
「あーおまえクラスちがうしなー」

・・・もう
『つきあって』ない・・・?

・・・つきあってるよ!
大声で言いたかった。
ちゃんと、真面目に・・・。

そうだ。しあわせ、なんだよ。
手を伸ばして、ようやく届いたんだから
それだけで、しあわせなんだ。

ーーーーうん

『ガマンしてんだろ?』

ーーーなのに、なんで―ーー…


ぐいっ

・・・・・・・・・・?
コートをひかれる感触に、振り替える。
目の前で映るのは、
いつかに見た

黒沼、の・・・・・・・・

・・・!!!

「・・・・・・・・・・ど
ーーーっ・・・どうしたの黒沼」
今、何で。

またピンが何か・・・

『次したら…』

自分の言葉が、反芻する。
だから・・・だめなんだって
黒・・・

「・・・そつき・・・・

風早くんのうそつきーーー・・・・」

・・・・・・・!

「次したらわかんないって 言ってたのにうそつき」
ぽたぽたと頬を伝う涙が、雪の上に落ちて溶ける。
「悩みがあるのに「ない」ってうそつき」
黒沼のバッグを持つ手が、ぎゅっと握られる。

なんで?

「私 今日は ・・・・・・・っ ただ一緒にいたかった。
風早くんがいっぱい仕事してたの わかってる わかってるけど
・・・でも・・・・・・ひとりよりさみしかった・・・」

黒沼

なんで、泣いてるの?

「私のことで 悩んでた?
色々 後悔してる?」

悩み・・・?
後、悔・・・・・・

ちがう
ちがうよ、黒沼

触れてしまうことで、黒沼を壊してしまうのを

後悔、しないように

「もう、すきじゃない?」

大事に

「こんな私すきじゃない?」

ーーーーーーー・・・

『すき』

無意識に、手が伸びた。
今まで保っていた距離を、手繰りよせる。
自分が、求めるままに
欲するままに
必死で守って、いたものを

「ーーーーーー・・・」

すきだよ

黒沼がすきだ。すきたよ、すきなんだ。

すきだから悩むんだ。すきだからこわいんだよ。
距離がなくなってしまうことが。

目の前で目を見開く黒沼に、かまわず唇を重ねる。

一生、なんて無理なんだ。
こんなにも、黒沼がすきなのに。
触れたくてたまらない。

三回、四回。

降りゆく雪に、半ば押し付けるように

黒沼がすきな気持ちを

手に、唇に、おしこめた。


あとがき
ど、どうしてもやりたかったんです風早くんver・・・
その結果こんなになってしまったまわけですけどもw

今回爽子にも十分きゅんきゅんさせてもらったわけですが、
風早くんもすごかったんでふよ!でふ!

とりかえず爽子の手当てに嫉妬とか))・・・嫉妬?
あそこも入れたかったけど無理だった・・・
あと独白ね!あそこははずせないポイントですわ!ポイント!
そこまで思いつめてたのか・・・まあ相手があの爽子だもんね!?
無理ないなあとも思いますが!

そしてラストおおおお!!
ダム決壊っ・・・!
やあ・・・ガマンしてるぶんね!最高だわ!いけいけ風早!
・・・てな感じのマロンのひとりがたりでしたw

風早くんただのヘタレみたいになっちゃってね、
ほんとすいません・・・まそまつさまでした!

スポンサーサイト



| 君届小説 短編 | 2012-08-15 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/203-bd8e92bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT