FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤髪の白雪姫 二次小説(好香)

おおお・・・赤髪を更新するのはいつぶりになるんだろう・・・1週間ぐらいでしょうか?
テスト中もせっせと妄想しては書き留めていたマロンです。
存在をお忘れのかたも、以後お見知りおきを。
妄想大好き赤髪だいすきもみじまんじゅうだいすきマロンです。
なぜならば今食べているから!
・・・あれ?何が言いたかったんだっけ・・・

ともあれ、結構昔に更新した「薫香」のオビverです☆
よければ読んでやってください。忘れていてもわかるはず!ですから!


「あっれ主、香水苦手って言ってませんでしたっけ。」
ソファーでしずくの垂れる髪を拭く主は、片手に小瓶を持っていた。
霧吹き状になった小瓶は、どっからどう見ても香水なんだけど。
風呂から戻ってきた主は、なぜかその小瓶に触れては笑みをにじませている。
・・・最近のお嬢さん不足が解消されたかな、これは。
「ああ・・・この前薬室長にあったんだよ。」
「ボスか・・・そりゃまた。」
主とミツヒデさんってどうもあの人に弱い節がるよね・・・

「俺も断ろうと思ったんだがな・・・。」
気に入ったんだよ、と加えて主は、小瓶をこっちへほおる。

「どれ・・・」

開きかけの蓋をはじくと、
ふわっと甘い香りが鼻をかすめた。

・・・あれ

「・・・なるほどね。」

薬草と花の混じった薄い甘さを身にまとった

あのお嬢さんを

「・・・白雪には言うなよ。」
「了解」

まるで閉じ込めたような

淡い、淡い香り
スポンサーサイト



| Apple tea | 2012-10-07 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

soraさま

こんにち・・・こんばんは!soraさま!コメントありがとうございます^^

あああ、ありがとうございます・・・最高だなんて・・・ほめても変態菌しか出てきませんよ!
soraさまが変態ならば、私はその次の次元を目指します(おいおい)
変態力ですか・・・私はもう妄想スキルで手いっぱいなので・・・ぜひsoraさまの手でそのスキルを育てていってください!(なにを進めてるんだ。何を)>

はい、一応中学生です。(中身妄想人間ですが)。
ちなみに青春のせの字もしてないですよ☆
学校は楽しいですが、私が目指すのは青春攻略本のような青春☆ですからね!(目標設定が高いよ)
soraさんのことはまだ知らないことが多いので(私より年上の方だと思っていましたw)
そんなこと言わずに語ってやってください。

こんな私の妄想小説を楽しみにしてくださってありがとうございます^^
これからもばんばん?妄想いたしますので!
では・・・

さらばじゃ!(すいませんほかに思いつかなくて・・・)

| マロン | 2012/10/07 17:35 | URL |

No title

マロン様、こんばんわ。変人を通り越して変態になったsoraです☆

今回の二次小説も最高です!マロン様天才ですよ!羨ましいです・・・文章力少し分けてくださいよ~(つд⊂)わたしは、文章力の代わりに変態力があるんですよ~(何だよそれ)あっ、よかったら分けましょうか?(迷惑だ)

えっと、ちなみにマロン様は中学生で・・・・・?いいなぁ、青春☆って感じですね。私なんて、まだ青春☆も何もない、ただの小学生でございますよ。まぁ、私のことはどうでもよくって、二回目ですが、今回の二次小説もホント良かったですよっ!次回も楽しみにしてますね。

それでは、前回のコメでも使いましたが、さらばでござる!(だからそれ、何なんだよ)

| sora | 2012/10/07 16:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/239-b0c12c3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT