FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(独占欲。)

・・・え~・・・

初、大学生パロです。

爽子ちゃんと風早くんは違う大学に通っています。
リクエスト?いただいたので・・・!
にやにはしながら妄想したんですけど・・・(それはいつものこと)

わかったのは、

自分が「独占欲」というお題がだいすきということだけでした。

もろもろ含めてOKな方はどうぞ・・・


「あのね、それで・・・」
目の前の黒沼は、笑みを浮かべて、楽しそうに話す。
黒沼の笑顔はうれしくて、同時に、ちょっと複雑。

俺たちは別々の大学に進学した。
もちろん黒沼の先生になるっていう夢を聞いて素直にうれしかった。
・・・少しさびしかったのは否定できないけど・・・
でも俺は会えない分黒沼をすきになってる自信がある。

問題はそこじゃなくって

高校生のときからちっとも変わらない、この独占欲。

「・・・ねーくろぬま、学校楽しい?」
「う、うん・・・!楽しいよ・・・!みんないいひとで!フレンドリー!」

・・・せめて同じ学校だったら、その「みんな」の中に男がいるのかとか、「フレンドリー」がどれぐらいなのかとか・・・
・・・もしあんまり触られてたら、俺、我慢できないかもしんない・・・

「風早くん?どうかしたかな・・・?」
頭を抱えた俺に、不思議そうに黒沼が首をかしげる。

だからそれが、だめなんだって。
そういうの、俺の知らないところで、かわいいところを、見せないでよ。

・・・なんて言えないんだけど。

「んーん!なんでもない!」
俺が笑ってそういうと、うれしそうに黒沼ははにかんだ。
「今度は、風早くんの学校のこと教えてほしいな。」
「俺の?」
聞き返した俺に、黒沼は少し頬を染めてうなずく。
「風早くんがどんなふうに学校生活を送ってるのかしりたくて・・・

・・・それにね、

・・・同じ学校じゃなくて、やっぱり少しさびしいから、想像でも、私がその中に登場できたらなって・・・。」
「!」

高校生のときの妄想癖がぬけなくて・・・!すみません・・・と黒沼は真っ赤な顔を覆った。


・・・俺のとはちょっと、違うけど・・・



「・・・俺の学校生活は、黒沼ばっかりだよ!」

「・・・え?どういう・・・」
またかしげそうになった黒沼の首の角度に合わせて、唇を重ねる。

「!?
・・・・・・///」


最初状況が理解できなかったのか驚いてる気配がしたけど、すぐに黒沼が目を閉じるのがわかった。
そのまま数秒の、口づけ。
ゆっくりと唇を離すと、目の前には赤い赤い黒沼。
・・・俺だけの


「・・・いつも黒沼のこと考えてるってこと!」

ほんと、自分でもあきれるぐらい

君のことで、いっぱいいっぱいなんだ。
だからこれぐらい、許してよ。

この表情は、俺だけの

・・・ひとりじめ



あとがき
お粗末さまでした!
すいません・・・せっかくリクエスト?いただいたのに・・・
ほんとすいません・・・
えーっと、とりあえず
大学生になっても変わらないねバカップルめ!
・・・ってな感じのお話にしたかったんですけど。
失敗!

いつか再チャレンジしたいです。再チャレンジ。リベンジ。
がんばります!


スポンサーサイト



| 君届小説 短編 | 2012-10-07 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

カナちゃんへ

>私こそ返信遅くなってごめんね><

リクエスト・・・と受け取ってもよかったのかな?
ただ2人で話しててマロンが我慢できなくなり、
爆発した妄想をアップしただけなんだけど・・・w
だから完成も早かったんです
なんたって爆発物ですから☆ミ(危険です)
キスシーン!
やっぱり大学生なんだからちょっとは今と比べて進展がないと、風早くんがかわいそうかなと←風早くんが!
でも描写が苦手なんだよね・・・><
さらにあの神キスのあとだと私の文じゃ分とも思えない!w
もっと研究せねば・・・。

やきもち妬いてる風早くんは最強だと思う!
あのかわいさは罪だもの!
しゅ~ってなってかわいいいいいい///


君届新聞・・・
なんのまぐれか採用されたのです・・・照れ←おい
カナちゃんも出してみたらどうかな?
俳句とか競争率低いと思う!!!
もうテニスガール爽子がかわいすぎて!
もったいなくて使えてない><
ついてきた絵も額縁に入れて
枕元に飾ってあるよ☆(実話)

わあ!!
あんなぐだぐだと長い長編小説を読んでくれたのね!ありがとう><
「ホワイトクリスマス」に「スキー旅行」か・・・
ちょうど季節が冬だったんだよねw
季節ものをやりたかったただそれだけ・・・
でもせっかくスキーに行っても、
爽子スキーできるのかな?2人でリフト乗らないかな・・・とか妄想する始末で!
あんなことになってしまった・・・
あとクリスマスのほうは、爽子と風早くんでちゃんとプレゼント交換させたかったんだ・・・腹巻リベンジ!
いや腹巻もステキなんだけどね!?
それで今回本誌で手袋がプレゼントで、
あたってちょっとうれしかった!という
裏話があるんだけども(どうでもいい話)
こんなマロンの文才でもきゅんとできるのは、
それほどまでに君届という原作が素晴らしいんだよね//
はうわ・・・ほんと胸きゅんする。
あの2人の距離感がああああああ///(おちつけ)

私の方は風邪、ましになってきてるんだけど・・・
カナちゃん大丈夫!?
いや大丈夫そうじゃないよね!?汗
私もほんと陳腐なことしか言えないんだけど、
気をつけてね!
私みたいに薬飲むのさぼってこじらさないようにね!

死って・・・
冗談でもこわいよ!
とゆうか冗談ではない!?
ああああ大変だ~~~っ!!!
今すぐ君届を読んで回復してください!(いやマロンじゃあるまいし)

私も絶対死なないよ!
もしも死んでしまっても化けて出るよ!
連載終わらなかったらおちおち成仏してられない!!
死んでたまるかあああ!だよ!ほんと!w
同志として叫ばせてください!(同志にしちゃっていいの?)

連載が終わるまで、私は何があっても死なない!!!

・・・あれ?
ものすごい私話脱線させちゃった?ごめん・・・


絵は・・ただイタイだけの代物だよ~
なんか自分の願望をまぜこぜさせるための手段の一つです(きりり)

おやつはお母さん自家製だよ☆
おいしいけどなかなか作ってくれない・・・
そして私は目をみはるほどの料理音痴・・・
ほんとどうしよ・・・将来生きていけるかな・・・(むりだろ)
いやでも連載が終わってなかったら・・・(まだ引きずってたの!?)

というよりカナちゃんこそうらやましい!
なに
その理想のおやつは~~><
お腹減ってきた・・・

おお!
カナちゃんプロジェクトついに始動ですね!(勝手に命名するなよ)
投稿とっても楽しみにしてるよ^^
はわあ・・・楽しみ楽しみ
・・・落ち着かないw

ついにあと四日だよ!
別マ!別マ!
うおおおおおおおお///

カナちゃんの復活と別マの発売日!

早く来い!!!

| マロン | 2012/10/09 20:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/10/08 20:56 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/241-d421ba88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT