FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤髪の白雪姫 二次小説(愛のコトバ)

昨日は更新できなくてすみませんでした!
おはようございます!マロンです!

昨日ふらふらと立ち寄った店で林檎型のパンがあって大盛り上がり!!
かわいかった~おいしかった~
アンデルセンです。
ハロウィン使用だったので・・・みなさまもぜひ!

こんかいタイトルにそぐわずギャグになるかもしれません。どうかな。
イメージ壊す危険性大なんで!お気をつけて!

時系列はゼンがミツヒデに白雪にキスした、と報告したときのことです。
では・・・


「ミツヒデ

どけ、重い」

「冷たいな~」

重さが消えた肩をほぐし、視線を向ける。
もう黒く闇に飲まれた海の向こうに、小さく瞬く光。
ウィスタルのものだ。

・・・白雪の、いる・・・。

「なあゼン、帰ったらすぐ告げるのか?」
同じ方向を見ていたミツヒデが、向き直りながら言った。

「・・・まあ、早いに越したことはないからな。
帰城報告を済ませてからだが・・・」
「そうか。がんばれよ。」
ああ、と返事をしようとして少しひっかかる。
「がんばるって?」
聞き返した俺に今度はミツヒデが首をかしげる。
「白雪に、ちゃんと想いを告げられるように・・・なにも考えないで行くのか?」



・・・たしかにな・・・

告げに言って、言葉が出てこなかったら元も子もない。
しかし・・・

「こういうのって練習するものなのか?」
「さあ・・・」
「・・・・・・・お前仮にも23だろうが・・・。」

俺の言葉にミツヒデは情けなさそうに頭をかく。
まあ、こいつの想い人に告げる言葉なんて
白雪以上に思い浮かばない。
今度はミツヒデの肩に手を置いた俺に、
ミツヒデはため息をついた。

「とりあえず伝えたいことを考えるべきなんじゃないか?」
伝えたいことか・・・
「すき」だということ、「ともにありたい」ということ、「自分と白雪の立場」のこと・・・
・・・けっこうあるな・・・
「先に大切なことをいうべきか?」
「う~ん・・・クライマックスを盛り上げるって手もあると思うけどなあ・・・」
たしかに、大切なことを先に言うとまとまりが、ない・・・?
「ミツヒデがいうことだから丸のみにはできんが・・・ほかには?」
「・・・ひどいな~・・・
あとは、キスとかか?」
「!?///
な、何言って・・・」
俺もの反応にミツヒデは首をかしげる。
「もうしたんだろ?」
「それとこれとは・・・」
あのときはなにも考えてなかったからな・・・




・・・・・・・・・



「なあミツヒデ」

「うん?」

「・・・そのとき思ったことを、そのまま告げようと思う。」

「・・・ああ。それがいいと思う。」



end?


あとがき
オチがない・・・はあ・・・
どうしたかったの自分・・・

これは友達と、
あんなにかまずに愛のコトバ言えるってすごいよね、と話し合った末妄想が爆発しまして・・・
すみませんゼン殿下。
きっとちゃんと考えてたよね。ほんとすみません・・・
スポンサーサイト



| Apple tea | 2012-10-21 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

soraさま

遅くなってしまってすみません!
球技大会まじかなのにLaLaの発売日のことで頭いっぱいなマロンですw
どうしよういっぱいいっぱいだ・・・はうう


音楽会ですか!
私超苦手です!(断言)
音楽のセンス皆無です!音符読めません!マジです!
大丈夫です!きっとなんとかなります!
こんなマロンでも小学生を乗り切ることができたのですから!(不安)
アコーディオンが何かわかりませんが(おい)
がんばってください><

今回の妄想はゼンとミツヒデさんでした☆
私もこの2人の関係だいすきですよ~信頼が・・・ひしひしと・・・

一応この話では、
「その時思ったことをする」ってことで←
思ったことを言ってたらキスしちゃくなったちゃったよ・・・みたいな
それで本編に繋がるつもりだったんですけど><
すみません文才なくて・・・

よろこんでいただけてうれしいです^^
こちらこそ次回もよろしくお願いします!
ありがとうございました!

| マロン | 2012/10/22 21:03 | URL |

No Title

こんにちわ(*゚∀゚*)
小学生なので、音楽会が間近なのに、赤髪のことしか考えていないsoraです☆(オイ)
・・・・・本当にヤバイです!!音楽会11月10日なのに!楽譜が頭に入らないんですよぅ~!
ちなみに、合奏は「キエフの大門」というもので、珍百景というテレビ番組に使われています。私は、アコーディオンなのですが・・・・・もう、無理かもしれません!

はっ!すみません!!全く関係ない話をしてしまった!私の話はどうでもよくって、赤髪の二次です!
おぉ!ゼンが白雪に告げる前の、ゼン×ミツヒデですか!私、あのシーン好きなんですよ!でも、確かにこんな会話してたと思いますよ(^O^)
ミツヒデが「キスとかか?」と言って、真っ赤になるゼン!想像できるわぁ(^∇^)でも、実際キスしてませんでしたっけ?私の記憶だとしたと思うんですが・・・?

あっ!まだ言ってませんでした!今回の二次も最高でした!本当癒されるぅ~(´∀`)有難うございます!ストレス発散です!!
長くなってしまった!次回も楽しみにしてますね!それでは~( ´ ▽ ` )ノ

| sora | 2012/10/21 09:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/255-57f64ee8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT