FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(Snow White Princess)7

ま、また間が開いてしまった・・・!

こんばんは、マロンです><

この連載、なかなか終わりませんよね・・・みなさまもうそろそろいいかげんにしろよって感じですよね!
すみません!
連載になると途中で短編書きたくなったりするんですよね・・・魔がさすんです・・・

なんて言い訳は置いといてw
ゆきます!
あと何回になるかわかりませんが!なんとかするので!
では・・・


「やのち~ん・・・」
「ん?どしたのちづ。」

ちづには珍しく、浮かない顔で準備室に入ってくる。
いったん髪をゆるくとめ、ちづの方に向き直った。

「爽子が・・・」
「爽?」

ちづの口からこぼれた言葉は、やっぱりというべきか。
私たちの大事な、大切な友達。

「風早ね?なにがあったの?」
「わかんないんだけどさあ・・・」

風早が爽子を呼び止めた時、いちがばちだと思った。
もちろんうまくいってほしいけど、心配なところもあった。
今の現状のまま爽子がちゃんと風早の気持ちを受け取れるか、
なにより・・・

「へたれ王子だからね・・・」
「あ~っ!もう!なにしてんだよ~!何言ったんだよ!風早ぁ!」

ちづはか~っと髪をかきむしる。
「あんな爽子見たの噂の時以来なんだけど!」
「・・・」

自然に、爽子より先に戻ってきた風早の方に視線が向く。
最近ずっと煮え切らない表情だと思ってたけど・・・ありゃだめだ。じょーの話も耳に入ってない。
と、控えめに教室のドアが開いた。

「あやねちゃん、ちづちゃん・・・」
「・・・爽子・・・・・・!」

そこからそっと白雪姫衣装の爽子が入ってくる。
「似合ってるわよ。」
「ありがとう・・・。」

力なく微笑む爽子は、クラスメイトたちの視線にも、風早の視線にも気が付いていないようだった。
そのまま、
「最後の台本合わせがあるので・・・」
とえっこたちの方へ少しうつむきながら行ってしまう。

「・・・やのちん。あたし、悔しいんだけど。
・・・なにも、できない・・・。」

「・・・同じよ。・・・私も。」

私たちは、爽子と風早を交互に見つめた。



あとがき

入れたかった・・・あやねちゃんとちづちゃん・・・!
本編みたいに叱咤激励してほしくも思ったんですが・・・う~ん
それにしても暗いなあ。暗いなあ。
早くばちーんってはじけたいな!!
がんばります><
スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2012-10-23 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

カナちゃん

カナちゃん!お返事遅くなっちゃってごめんなさい><

ほぼ毎日、カナちゃんのブログに通わせていただいております、ストーカーのマロンです☆
今回の二次小説も最高だったよ)))♥
もう2人で遊園地とかステキすぎる!!あああ妄想止まらない・・・
昔妄想を具現化しようとして大変なことになったんだ・・・カナちゃんがステキにまとめてくれてうれしいです><
これからもかわいい爽子ちゃんとかっこいい風早くんを書いていっtね♪
謙遜しないでください!!!

あわわわわ・・・
私の小説なんて見てたら目が腐っていくよ!!
君届が見れなくなっちゃうよ!!!
わあああ
カナちゃん守って!っ君の目を!!


このテンプレ、ほんとかわいいよね><
ただもうそろそろハロウィン終わっちゃうというね・・・泣
次はどうしようかな・・・
けっこうストックがあるのでいろいろ試そうと思います^^

あの別マの予告カット見ましたか?もうかわいすぎて心臓止まるかと!
ハロウィン使用だよ~♥
あの風早くんが爽子にキスしちゃったときの号!!(なぜ強調した)

風早くんと爽子ちゃんがであってくれてほんとによかった><
じゃなきゃこんなにきゅんきゅんできてないもの!!
あの桜のシーンはもう何度見ても・・・はわああああ!!!

いつも胸きゅんをありがとう!!ありがとう別マ!!椎名先生!
あと約2週間だね!
楽しみすぎて干からびそう~~あああ//
次こそガールズトークくるかな!?来るよね!?楽しみだああ!!


こちらこそこれからもよろしくお願いします^^
早速今から訪問させてもらうね!w
ではまたね~!

| マロン | 2012/10/26 15:14 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/10/24 19:38 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/257-a943df1a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT