FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

別マ1月号 ネタバレ感想

おそくなりました!!

本日は、別マ1月号、「君に届け」のネタバレをお送りいたします!!!

注意!!


ネタバレです(知ってるよ)

ほか、壊れた世界です。

もろもろOKな方は「続きを読む」よりご一緒お願いします!!!


では早速参りますね!!!


「――――――――――で

これがそのプーブードゥです」

ちづちゃんが小箱を開けて見せたのは、龍がちづちゃんへ送ったプレゼント。
ピンクのバラのプリザーブドフラワーです。
龍がきちんと伝えないからちづちゃんプッピップドゥーとか言ってるよ!w

「いやーこりゃまた・・・」
「わーピンクのバラだね・・・!」
「・・・ピンクの・・・
バラだね・・・・・・!」
「ピンクのバラだね~~~~~!!」

あやねちゃんと爽子に「ピンクのバラ」を連呼されてもんもんとしてくるちづちゃん。困惑します

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あたしみたいかな・・・・・・・・・・!?」

固まる2人。

「これあた あたしみたいなのかな!!!」

ちづちゃんは龍に「千鶴みたい」って言われた意味をまだ引きずっているようです。かわいいなあ//!!

「うんっっうんっっちづちゃんみたい!ちづちゃんみたい!!」
「瞳孔開いてる瞳孔開いてるちづ!!」

そしてお話はプップードゥをもらった展開につながります。

「このピンクの!バラ「プ・・・ブ・・・「プリザーブドね!をもらってね!
ただもらっただけなのかっていう」

あやねちゃんの質問にちづちゃんはあやねちゃんの期待とは少し違った反応を見せます。

「え あたしもあげたよ!!
ジョーから奪い返して・・・えとねリスバン・・・
ジョーにはちと悪かったかな」
「城之内くんにはあやねちゃんが岩塩をあげてフォローばっちりなので」
「えっ サンキューやのちん」

岩塩・・・!
ジョーにも春が来るといいですね((ホロリ・・・

こんな会話をする2人と違ってあやねちゃんは本題を切り出します。

「だからつまり

あのけっこーな時間を
ずっと何の話をして帰ってこなかったっていう話よ!!」

ベタフラーーーーーッシュ!!!
ちづちゃん固まります!

「ずっと帰ってこなかったじゃん ずっと」

「え だからつまり ほら


・・・・昨日の・・・・ばんごはんとか・・・・」

「これをもらって?」

あやねちゃんはずずいとプップードゥを差し出します。
「TVとか・・・」
「これをもらって?」

「ラーメンの話とか・・・」

「この!

ピンクのバラをもらって!?」


ぴっしゃあああ~~~~~ん!


爽子の部屋に沈黙が訪れます。

(い・・・

いろっぽい話!!
のことですね!!)注・爽子心の声


「・・・・・・・・・・小さいころの話とか・・・

・・・とーるのこと

・・・・・・・死んだ
龍んちのおばさんのこと―――――――――――・・・」




「・・・龍との
思い出を話すには

・・・・・・・・・・・時間は足りないよ」




ちづちゃん・・・すてきです!!
龍が絡むとなにかしらちづちゃんは反応がほかとは違いますよね。
過剰に怒っちゃったり、乙女になったり
龍の存在がちづちゃんにとって
どれだけ大きいのかってことが
そのたびに感じられる気がします。

「・・・徹さ

帰ってくるんだって 年末」
「あ そなの?会うの?」
「うん会いたいなー
会って・・・そんで顔見てさー」

話ている途中に、ふと感じる違和感。
顔をあげたちづちゃんの目に映るのは、意味ありげに微笑む爽子とあやねちゃんの顔。
ウンウンって・・・周りにきらきらが飛び散っている!
これぞ恋バナ!?

「だよねまずは元すきだったひとに会って!
そんで自分の気持ち確かめたいよね!」

「えっ いやちがっ!!///そーいうわけじゃ・・・ないんだけど・・・」

ちづちゃんの否定の言葉は2人には届きませんw

「いやーしかし意外だね!
あの龍がこれを選ぶかあ――――!!」
「ちづちゃんみたいだったんじゃないかな!」
「だいぶときめいてんじゃんね!!」

きゃっきゃっと盛り上がる2人に、ちづちゃんは赤面して頭を抱えます。
ですが勢いは止まりません!!

「ちづは!?
龍と一緒にいて ドキドキした!?」

・・・ドッ・・・・・・

きらきら目の2人に迫られてたじたじのちづちゃん。汗が!

「・・・・・・・・・・・・あ

あたし今・・・・・・


生まれて初めて龍にドキドキしてんの・・・・・・・・」




きゃーーーーーーーーーー///(あやねちゃん&爽子&我)

2人の声は下にいる爽子ママに届くほどw
やっぱりいいですねえ女子会!みんなかわいすぎる!!

ちづちゃんはギブアップとばかりに話をずらします。

「つーか爽とやのちんは?
プレゼントもらったの?」





じゃあああ――――――――――――ん!!(効果音)

プレゼントがかぶった以心伝心の2人ですよ!
爽子はうれしそうに手袋を見せます。

「あっいーじゃんかわいー爽子っぽい!!」

「ひょー似合うね!さすが風早爽子バカ!」

爽子バカ!
なんて的確に風早くんを表す言葉なんだww

・・・爽子バカ

爽子バカ!!!(三度目)

「お礼にチューとかしてやればいよ!!」

ピタッ・・・・・・・・・・・・


ちづちゃんがなんのけなしに言った言葉に、爽子は固まります。
そんな反応をみてさらに固まる2人。

「したの!?
したの!?
したの!?  
したの
「い 言わないよなんにも・・・・・・・・・・・」

汗を垂らしながら顔をそむける爽子にブーイングの2人。

「ひどっ!!」
「ずるっ!!」

「いや何言われても私なんにも言わないんで・・・・・・・・・・・・」

秘密主義の爽子さんw!
でもこういう会話ができるようになってるっていうのが
読者からしたらほほえましいというかうれしいですよね・・・
最初は気を遣ってたような気がするので・・・
この3人が仲良くなっていくのはとてもうれしいです^^

「やのちんは!?やのちんはケントに何もらったの!?」

話題は爽子からあやねちゃんへ。あやねちゃんは「え」と言葉を漏らします。


「・・・バ
・・・・・・・・・・・・バラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「いーんだよあたしのことは!!」
あやねちゃんが言ったことを自分のことだと勘違いしてもー!と手を振るちづちゃん。

「や じゃなくてケントから・・・花束・・・・・・」

花束!!!

またしてもちづちゃんに衝撃が走ります!!(爽子同)

3人の間に流れる沈黙・・・。

「ケ・・・ケントって日本の男子高校生だよね・・・・・・」
勘違いした自分を恥ずかしく思ったのかケントのせいなのか赤くなるちづちゃんに、こくりとうなずくあやねちゃん。
「三浦・・・健人くん16歳高2です・・・・」


・・・うん。
ふつうの男子高校生がバラの花束はちょっとハードル高いと思う・・・。
・・・・
・・・・
風早氏!!ここは流れにのっていくべきではないでしょうか!!?(勧めるな)

ちづちゃんにどんなバラか聞かれて写メを見せるあやねちゃん。
このバラは外側が白くなっているようです。

「わっ バラがバラバラじゃん!」
「ジョーが踏みつぶしたからね―――――――」
「えっ ジョー最低だな」
「包装とったとたんにバラバラーって
お皿に入れておいてあるよ―――――」

あやねちゃんはそこで言葉を切ると、スマフォに目を落としました。

「・・・10年後にはなくなるかもしれないバラなんだって」

どうやら作ってくれる農家の方が高齢だそうです。
あやねちゃんは視線をずらして、何気なく呟きます。

「10年後かあ どうしてんのかな―――・・・」
「10年!」
「先すぎて想像できないよねー」
「27か!結婚とかしてんのかな!」
「子供とかいるかもよ」

「10年・・・」

10年後かあ――――・・・

まだ遠すぎてわからない将来、爽子は顔をあげて想像します。

「・・・・・・・・・・

10年後・・・


も    こうやってみんなで遊べてるといいなぁ―――――――」



かっ・・・



かっわ!!!///(注・マロンの叫び)

「何言ってんのずっと一緒だよお!」
「きまってんじゃん!!!」

すてき・・・!すてきすぎる友情!!//
きゃっきゃと風早くんがいたらやきもちを妬くだろうほどいちゃつく3人のところへ、

「お昼ごはんよ――――――――――――♥」

爽ママの登場です^^
爽ママにしたら10年前はついこの間だそうです。おおお・・・!達観なさっている!

「やのちん彼氏できたんですよ!バラ!バラもらって!!」
「ちづも!ちづもこれバラもらって!!」
「あら―――♥ステキ――――――♥♥」

バラ流行ってるのかしらー?と爽ママwここはやっぱり風早くんも・・・(いそいそ)
「おばさんそーいう話だいすきなのよね―――」
「爽子秘密主義ですもんね・・・」
「わ――そんなことを!!//」

お母さんたちには言えないって前爽子言ってましたもんね・・・
今回はあやねちゃんたちにも言えてませんがw

「なんにも手伝ってなかったね~~~~!ごめんねありがとう~~~~~!」
「いーのよ!爽子ゆうべからお風呂上りにケーキ焼いたりしてたじゃないの」
この会話に反応するのはもちろんちづちゃん!
「えっ クリスマスケーキ!?」
おにぎりを持ちながら目を輝かせます><
「そーなの!食べてってほしいなー」
「えーいいのー!?」
「コラ!」
「あら晩御飯も食べていけばいーじゃないの!うち今日クリスマスパーティーなのよー♡」

爽ママの言葉に、あやねちゃんは少し遠慮気味です。
「水いらずなんじゃないですか?」
「あら沢山いたほうが楽しいじゃない!
そーだ風早くんも呼べばいいじゃない!」
「え!!」
反応する爽子に気にせず爽ママは続けます。
「あやねちゃんとちづちゃんの彼氏も呼べばいーじゃない!みんな呼べばいーじゃない!」
「「「えっ!!!」」」

さすがに驚きを隠せない3人。爽ママすごいですね・・・!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おにぎりにかじりついて固まっていたちづちゃんが、
「ちょ・・・ちょっとやのちんとケントのツーショットみたいかも・・・」
「えっ!?///」

と、いうことで呼ぶことにw
この「えっ」ってなってるあやねちゃんがとってもかわいーんですよ―――!!///><↓




ぴんぽ~~~~~ん

インターホンを鳴らして現れたのは君届二大ボーイズ(風早&龍)
爽子があわてて迎えに行きます。
見てください!この、いーーーー笑顔!!!!





修学旅行のおみくじの通りになってよかったね風早氏・・・(((よよよ
悩み解消されたあげくにおまけのキスまでもらえてよかったね風早氏・・・わわわ

「あ」
「あ」

風早くんより早く爽子の部屋に入った龍の目に入ったのは、ちづちゃんと、テーブルの上に置かれた見覚えのある小箱。

「・・・・・・・・・・・・・
もってきてたのか・・・・・・・・・・
そして見せたんだな・・・」

「う・・・・・・うん・・・・・・・・・・・」

ちづちゃんはばれた・・・!と冷や汗を流します。

「・・・・・・・・・・やめてくれよいろんなイミで・・・」
「す すいません・・・」

謝るちづちゃんに龍は「うーん」と手を口元にあてて横を向きます。
怒った!?とさらに焦るちづちゃん。



「・・・・俺も結構はずかしいんだけど」




ちゅどーーーーーーーーーーーーーーーんんん!!



爆弾投下されました――――――――――!!!

てっ・・・照れるとか反則だろおおおおおおおお//
龍ってばいっつもいいとこ持っていくよね!行くよね!
ぶわわわわわ//
か、風早氏!ここはやっぱり赤いバラの花束で対抗するしか!!!(何故)




ちづちゃんも龍のこと反応は予想外だったようです。
うはー――ってなってるちづちゃんかわいい!!

そんな2人がいる部屋の前に遅れて到着する爽子と風早くん。

「ど どうぞ 風早くんも中へ中へ」
「あ うん!ありがと」

「やっぱだめ!!」

ばたー―――ん!!
勢いよく閉まるドアw
爽子さんは多分龍ちづに気を遣ったのでしょうね・・・!
でもそんな大きな音立てたらまずいんじゃ・・・!
事情がよくわからない風早くんは地味にショックを受けていますw

「あ あの ほんとに用事とかなかった!?」
「な なかったよ大丈夫」
「おうち大丈夫だった!?」
「大丈夫だよ」


「・・・・・・・・・・来・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

 来づらくなかった・・・・・・・・・・・・・・・?」

「大丈夫」

爽子の問いに、風早くんは間髪入れずに答えます。

「大丈夫だよ   大丈夫!」

その返事を聞いて、頬を染める爽子。
視線を落として、口の中で言葉を転がします。

「・・・・・・・・・・・・・き・・・・・・・・・・・・・」
「え?」

「あの

だからつまり・・・・」


真っ赤になった頬で、上目使いに風早くんのほうをうかがって、後ろの扉が開いていないこと確認した爽子は、くいっと風早くんの袖を引っ張りました。

しゃがみこんだ風早くんの耳元で、そっと


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・昨日の今日なので・・・・・・・・・・」


『・・・・・・・恥ずかしくて

喋れないかと思ってた』




マーベラス!!!
えっえっ//
いつになく積極的じゃないでしょうか爽子氏。
どういう心境の変化が――――っ///
もうちょっと初心コント続けてていいんだよ――――――――――!?


そんなラブラブな2人をそ~~~っとのぞく影が


「わっ!!!!近!!!」
「わっ///」

扉から顔をのぞかせたちづちゃんでしたw

「いやっ これはっ・・・ふっふたりしてこそこそしてるからっ・・・・・・・・・・・!!!のぞきじゃないし!」
必死の弁明を試みるちづちゃんにのぞきだと突っ込みをいれる龍。

そんなやりとりを目にして顔を見合わせる爽子と風早くん。
ふと、自然に笑みがこぼれます。


『昨日まで

目も合わせられなかったのが   うそみたい』


「ど―――――もおじゃましま―――――――――す
あやねちゃんに会いたくてきました――――――――――!!」

出た!日本の男子高校生ケント(?)!!
あやねちゃんに会いたくてと公言できるところがすごい!!!

高校生組が全員集合したところでタイミングよく爽パパのご帰還です!

「ただい―――――――「おかえりなさ――――――――い」




頭上に!と?が飛び交う爽子パパw
「!?どっ だっ」
「まだいちゃいました―――!!」
「よろしくお願いしま―――す!!」
「クラスメイト一同で―――す!
これあたしの幼馴染なんだ―――!」

そういってちづちゃんに紹介された龍。
・・・ってえええ!?なんですかその三つ編みは―――――――――!!!!????

でもそこは気にしていないのか爽子パパの感想は「でか!!」
続いて出てきたケントへの印象は「チャラ!!そしてでか!!」



「お・・・・お邪魔してます!」

最後に爽子パパの前に立ったのは、もちろん風早くん。
「昨日・・・遅くなってすみません!」

風早くんは、爽パパにまっすぐ視線を向けます。
それを受け止める、爽パパ。

「・・・・・・・まじめにつきあってると言えるのかい!」
「はい!」

風早くんは迷いなくうなずきました。

「・・・じゃあいい!」

爽子パパは、どこか満足げに、誇らしげに、そういいました。



「あ お父さん 荷物持つよ」
そこへ駆け寄ってくるサンタ姿の爽子。
「お おういちごだ・・・」
「わーいちご―――――――――・・・♡」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あ、れ・・・・・・・・




・・・みなさん、ご存じでしょうか・・・
爽子が最新のプロフィールでは2センチ成長していることを・・・
も、もしかして・・・・・・ついに・・・・・・


い、いや触れないでおこう・・・・・・・・・


そんな爽パパに追い打ちが!

「あっその帽子!!

風早にやるはずだった帽―――――「わ―――――――――!!!」

あやねちゃんがあわててちづちゃんの口をふさぎますが時すでに遅し。
爽パパは固まった後、ゆっくりと帽子をはずしました。

・・・・・・・・もう、見てられない・・・・・・・・・・泣

知らぬが仏って言葉もあるじゃないかあああああああああ
ここまでの仕打ちはちょっとおおおおおおおおお

そんな爽パパとは対照的に楽しそうな高校生組。
「31日どうする―――?」
「なになに初もうで―――!?」
ケントの問いにあやちづが声をそろえて答えます。

「初もうでと――――――――――・・・爽子の誕生日!!!」

「えっ 貞子ちゃん大みそかが誕生日なの―――!?お祝いしよっか!」

「ええ――――――」
その気持ちがうれしい、と爽子は目を潤ませます。
「じゃー初もうでみんな集まる!?早めに集合してさ―――――――!」
ちづちゃんが高らかに提案します。
「あっ 初もうでは・・・・・・」

爽子はきゅっと口をつむり

「夜の初もうでは・・・ちょっと無理かな?

ゆうべ 私 ・・・・・・特別に夜の時間もらっちゃったの

だから


そのお礼に今年は年越しそばを―――――・・・」
「あー家族で食べんのか―――!」
「爽子のことだから作るんじゃない!?ダシもきっとちゃんととるよこの子」
打つの


・・・!!????
うっ・・・・・・・・!?

ちづちゃんもあやねちゃんをも凌駕する返答にさすがに驚きを隠せない2人。
「は・・・初挑戦だから上手くいかないと思うけど・・・」
「打つんかい・・・」

少し照れくさそうに話す爽子に、風早くんは「うん」とうなずいて微笑みました。

それを見つめるのは、爽子の両親。




「あっパパン!!」
パ!?
爽子たちを見つめていた爽パパをケントが捕まえます。

「はいこれつけて!!じゃ―――ん!!」
トナカイ!!
爽子パパまさかのトナカイめっちゃ似合います!!w

「お父さんが帰ってくるまでにみんなで飾り付けしました―――――――――――!!」

ばばーーーーーん!!

ツリーやオーナメントで黒沼家のリビングはすっかりクリスマス色に。

「さっ 食べましょ食べましょー!」
爽ママが料理を運んできて、みんなでグラスを打ち付けあいます。

「かんぱーい!!」

「お父さん風早超いい奴なんすよー
なっ真田!!」
「いい奴」
「ゆうべだって朝までずっと俺の話聞いてくれて―――!
でもたまに寝てんすよひどくないすか!」
「けなしてんじゃん!」

リビングに響く、笑い声。
爽子はその風景を見ながら、微笑みます。



ずっと




ずっと





こうして    みんなといられたらいいな







あとがき


・・・・・・・・・この二言かな


爽子バカ!!

爽子パパ!!




・・・お粗末さまでした。
長文お疲れ様です!!!!!

そしてまさかの来月号君届お休みです・・・・・・・・・・・ふふ・・・
来年いいことない気がする・・・・・・・・・・・ないな・・・・・・・・・・・・ははw


スポンサーサイト



| Cherry pie | 2012-12-15 | comments:9 | EDIT | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/20 19:23 | |

カナちゃんへ

お久しぶりですカナちゃん!
ただいま~~~^^
無事帰って参りました!

おおお!
同じ修学旅行先とは!
もうほんと美ら海とか国際通り回った時は
しあわせで死ぬかと思ったよ^^
ジンベエザメの前では
風早くんの幻覚みえちゃったw

飛行機!
ほんとはポッキーぱくっをやりたかったんだけど←
うちの学校お菓子禁止だったんだよ~泣


「昨日の今日なので………」

!!

ほんとかわいかったよね!!//
あのあとちづちゃんたちに見つかって
赤くなってる2人かわいい♥♥
ほわわっ//
足音とは!!
カナちゃんやりまするな!!(意味不明)
あの会ったときの笑顔とか破壊力抜群だよお~~//

・・・うんwww
三浦健人くん高2 16歳です・・・・www

日本男児はできないよね。ふつう。


カナちゃんのネタバレ読んだよ~~^^
いろんな人の視点がきれいに書かれてて、
とってもわかりやすかったよ~!!
私が書くとどうしても主観やら叫びやら
入っちゃうから・・・(泣)




こちらこそこんなブログに遊びに来てくれてありがとう^^
なかなか時間がなくて更新できないけど
ちまちまアップしていくので!
よければ見てやってね~

ではもう時間が遅いのでw
またね~~~☆

| マロン | 2012/12/19 21:37 | URL |

みかん (^ш^) さま


こんばんは!そしてコメントありがとうございます^^
マロンと申します!以後お見知りおきを!!

さく日はせっかく拍手コメントをいただいたのに、
お返事できなくてすみません><
拍手コメントはある程度たまってから返信するようにしているので・・・
本当にごめんなさい><
拍手コメントとってもうれしかったです^^
また改めて返信させていただくので、
よければそちらの方も確認してやってください!


私も君届ファンですよ――――――――――♡♡^^/(知ってる)
加えてテンションも常にMaxですw

おおー・・・アニメ派なのですね!
私はマンガ→アニメ、でした^^
声優さんどなたもステキですよね~~~><

とわっ!!(うるさい)
あの2人のその後を・・・見られていないのですか!?
そ、それは見るべきだと思います!あの後もとてもステキですよ・・・!
初デートとか!修学旅行!とか!!(ネタバレすみません)

私のあんな駄文をおもしろいだなんて言ってくださるなんて・・・><
ありがとうございます!精進します!!


ネタバレ・・・あれは毎回3時間ぐらいかけて書いてますw
君届への愛をわーっ!!とぶちまけると、あんな感じに・・・(どんなだ)

ありがとうございます^^
できるだけ見たままお伝えしようと思うのですが、
なかなか主観が入っちゃって、
ネタバレを書くときはいつも苦労します。

クリスマス!ステキでしたよ~~~><
次は爽子の誕生日でしょうね!はわわわ~~~//
もう風爽はばかっぷるを通り越して夫婦ですよね。夫婦w
龍が照れたとこは・・・もう、ね・・・身もだえでした!!

こんなステキな作品に巡り合えて私は幸せ者です^^

いえいえ!謝らないでください!
返信は遅くなりますが、
こうやってお話できるのはとてもうれしいことなので・・・^^
よければまた話しかけてやってください!

妄想がんばります!w
応援ありがとうございました!!

| マロン | 2012/12/19 18:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/12/17 21:07 | |

こんにちは!また来ました!みかんです!
実は君届の大ファンです!キャー!
そして常にハイテンションです♡ごめんなさい・・・
とはいえアニメで見てたんで、
この話ももちろん、続き知りませんでした。
でも、マロン様の妄想文(?)は
おもしろいので、キャラの位置づけと性格がわかってたら楽しめますね☆彡
さてさて、本題に戻ります。(←もともと入ってねー!)
ネタバレ、結構な長文ですね。
別冊マーガレットは購読してないんですけど、
話がよくわかりました!
クリスマス・・・素敵な行事ですよね(*^_^*)
爽子ちゃんと風早くんいいコンビ~♡♡
龍が照れるってこともあるんだぁ。
意外・・・
でもやっぱ君届は名作ですよねー!
あっ!長ったらしく書いてしまって
ホントにごめんなさい(T_T)
別にコメ返しはいいです。
遠慮しときます。あはは・・・。
ぜひぜひ妄想がんばってください!!
心から応援してますヽ(^。^)ノ

| みかん (^ш^) | 2012/12/17 19:03 | URL |

Riety I さま


こちらこそ、コメントありがとうございました!^^

わ、私のネタバレが面白い・・!?
のは、君届という漫画が素晴らしすぎるからですよ♪(そんなのマロンに言われなくても知ってる)

そう!

来月号が君届お休み!という!!

かっ・・・悲しすぎて・・・
私は、生きていけるでしょうか・・・・
新年そうそう悪いことが起こりましたよ・・・w


面白い記事が書けるかどうかはわかりませんが!!
精一杯全力で書きますので!
よければお付き合いください><

お願いします!

| マロン | 2012/12/17 18:37 | URL |

ちょこさま


コメントありがとうございました!!^^
うんうん!楽しそうっていうか

みんなかわいすぎだろおおおおおおおおおお///

な、なんだこの乙女たちのかわいさは!
反則技ですよ!!!
あ、甘くないですよ・・・?!決して!
みんな初心コントしてほしいの―――――――!(願望)

私もちょこさまの聞きたいな♪
楽しみにしてます^^

では今日はこの辺で!
ありがとうございました!!

| マロン | 2012/12/17 18:34 | URL |

ありがとうございます

マロンさんありがとうございました。
いつも通り面白かったです
来月君に届けがお休みだなんて…。
残念だぁ〜。
これからも面白い記事をお願いします。

| Riety I | 2012/12/16 23:47 | URL |

いいね〜(*^^*)
楽しそう&甘っ(笑

今度みんなで
こんなのしたいな*

| ちょこ | 2012/12/16 20:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/294-4d21ec47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT