FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(クリスマス記念企画)5

なんかもうクリスマスという単語に突っ込めなくなってきた今日このごろ。
www泣

本日も懲りずにクリスマスネタを更新しようと思います。
やっと昨日旅から帰ってきたんでね・・・
課題漬けになる前にね・・・

きょうはお友達とランチですー♪
楽しみだな~


「かっかわいい・・・!
かわいいね・・・!風早くん・・・!!」

黒沼はぺたっとショーウィンドウに手をついて、目を輝かせる。
・・・・・かわいい、な・・・
ショーウィンドウに並ぶぬいぐるみよりも、黒沼のが何倍もかわいいと思う。
や、思うじゃなくて。絶対・・・

俺がそんなことを思っていたから、黒沼は俺がぬいぐるみに関心がないように見えたらしい。
「ごめんね・・・!私だけ楽しんでしまって・・・!」
なんて、謝られてしまう。
「えっ!?いや全然いいっていうか・・・」
・・・前にも言ったことあるようなきがするけど・・・・・

「黒沼が楽しそうなの、見るのすき、だから」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

か~っと熱くなる頬を見られないように、手を当てる。
幸い黒沼もうつむいていて、俺の顔は見ていないようだった。

「・・・・・・・・・・・わ・・・」
「え?」

わ?

「・・・わ、私も・・・
風早くん、すきなので・・・・・・・///」


・・・・・・・・!///


・・・ず、

「ずり~~~~~///」


みるみると勢いを失っていく言葉と一緒に、俺はしゃがみこんだ。




あとがき
ん?ちょっと少な目になってしまった・・・!?
ていうかこんなバカップルが町中にいたら後ろからとび蹴りしちゃいそうですよね!!
よくぞ耐えてくれた通行人A!!!

なんて

思いながらたまっている課題を見つめて涙目なマロンでした・・・
スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2013-01-05 | comments:4 | EDIT | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/07/26 13:29 | |

やっぱり素敵なお話ですね。
続きが気になります

| Riety I | 2013/01/12 22:41 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/01/08 19:05 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/01/05 12:16 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagisenobiyori.blog.fc2.com/tb.php/313-1400e91d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT