FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(波乱万丈運動会っ!?)3

二人三脚 です。運動会、当日。 の続きです!!



俺は委員の仕事を終えて、みんなより少し遅れて集合場所に着いた。
?さわがしいな・・・
「どしたの?」
「あっ!風早ー!!やべーよ、ジョーがけがしてっ・・・!」
「えっ!?大丈夫なのか?」
「うん。だいしたことないらしいけど・・・やっぱ二人三脚は出れそうにないって。」
「え・・・・じゃあ俺のペアは・・・「風早君!!」

         平野のペアの、黒沼。



「きつくない//?」ギクシャク
「いや大丈夫・・//」ギクシャクギク

         ちっ・・・近いっ!!

風早君の足と私の足を白いハチマキで結ぶ。
か・・・風早君の肩があたる。いつもより何倍も近い距離。

      ・・・・・どき どき どき どき・・・・・

とっ・・・トモちゃんのときはこんなことなかったのに・・・うわあ・・顔が熱いっ!!
「いっ一発本番だから焦らず行こうな!!」
「うん!!」
そ・・・そうだ!がんばらなきゃ!!
『1年生の生徒は入場してください』
流れるアナウンスに合わせて行列がゆっくり進む。
・・・・・あ・・風早君歩幅会わせてくれてる。優しいなあ・・・・

『いちについて・・・』
パアンッ・・・・
ピストルの音と同時に、第一走者が走り出す。わあ・・・みんな早いなあ・・すごいっ!
「黒沼。」
「わあっ!?」
振り向いたらすぐそこに風早君の顔。びっくりして私はのけぞってしまった。
「ごめん 呼んでも気付かないから・・」
「ううん!私こそごめんね!」
・・・・//会話をすると、つい意識してしまう・・・・//
「黒沼、次俺らのばん!!」
「うん!・・・!?」

    ズキッ・・・・

私はその場から立てなかった。「どうかした?黒沼。」
ズキン・・・
「ううん・・・なんでもないよ・・」

         ズキン ズキン ズキン・・・・・・

どうしよう・・・足が痛い・・・!!さっきのけぞったときにひねっちゃったかも・・・・・
『選手は位置に着いてください』
わ・・・私たちのばんだ・・走らなきゃ・・・

             !??

体が軽くなった気がした。

                  「我慢、してね黒沼」

                    えっ・・・・

『どういうことでしょうこれは!?1-Dの選手がもうひとりを抱きかかえて
走り出しました!!!」

                ーーー・・!!??

  わ、私風早君にお姫様だっこされてる///!!!??

「か、風早君!?//」
「黒沼、けがしてるでしょ」
!?ばれてる!?
「そんなんで走ろうとすんなよな!!」
「ご・・・ごめんなさい・・・」
迷惑をかけてしまった・・・・
「なにかあったら、心配するじゃん・・・」
「--・・・!!」

・・・・そんなふうに怒られたら・・・どうしよう・・・けがも悪くないように思えちゃう・・・・

『1-D、ぶっちぎりの1位です!!』

「ご、ごめんね風早君・・おっ重くて・・・・!!」
風早君はゆっくりと私をおろしてくれた。
「いや・・・全然重くないし・・・・むしろ・・・」
「?」
風早君はそれだけ言うと口ごもって、
「お、俺ジョーの様子みてくるわ!//黒沼もあとでちゃんと保健室!!」
「う、うん!!」
と保健室のほうへ行ってしまった。や、やっぱり迷惑だったかなあ・・・・・

          でも・・・・

「さーわこ!見てたわよ!!よかったじゃないお・ひ・め・さ・ま・だっこ!!!」
「!!!あ、あやねちゃん・・・!!//」
「あけーっつの!!」

  でもやっぱり、うれしかったなあ・・・・こ、これが・・

「けがの功名ってやつかな・・・//?」




あとがき
きましたねー・・王道展開・・・もう少し長くかきたかったけど、いくぶん描写が苦手なもので
お姫様だっこ、すきなんです!!なんでかな?わからないけど憧れです・・・
(してくれるひとなんていないけどね!!)
今日の時間割はもはや授業ではありませんでした・・・
道徳・美術・美術・音楽・音楽・数学(自習)
ああ音楽2時間さえなければすっごくいい日だったのに・・・(音楽が苦手なひと)
でも今日は妄想タイム(授業中に二次小説を書く時間)が少なかったなあ・・・・
できたの道徳と数学ぐらい(泣)普段は社会とか英語とか国語とか(つまり主要五科目)
でできるのに・・・・

パンパカパーンッ!!この作品は私のくだらない妄想小説台40作目ですっ!!
自分で自分に驚きです。いつの間に・・・・私はこの小説たちのためにどれだけの
授業を聞かずに過ごしてきたのだろう・・・w
爽子の身になにがあったのでしょうか!!?そしてたぶんばればれ王道のべた展開に!
ポテチ食べ中now体重増加中now

スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2012-02-26 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT