FC2ブログ

マロンの日常

赤髪の白雪姫、君に届けこよなく愛する管理人のブログです。二次小説やねたばれ、イラストを扱っています。 気ままにゆったりの更新です。はじめましてな方はMENUよりどうぞ♪一緒に楽しんでいただけるとうれしいです!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

君に届け 二次小説(野外活動!!)1

バス、運行中。というサブタイトル。
北幌にもしも野外活動があったら、という設定です。
片思い期 2年の7月ぐらい 気まずくないです(◎´∀`)ノ 長編だあ!



前の日は どきどきして 眠れなくて

     わくわく どきどき  とっても楽しみで

今日これから 私の知らない君を 少しでも知れたらいいな

揺れるバスの中、右隣のちづちゃんはお菓子片手に私になぞなぞをだしてくれた。
「爽子・・・野活ってなーんだ!」
野活・・・・?えーっと・・
「遅い!!正解は山と海とをいっぺんに遊べる絶好の機会!!」
「おおー!!そうなんだ・・・」
「もう・・あんたらはテンション高いなー・・朝から。」
通路を挟んで隣のあやねちゃんは、ちづちゃんからひとつお菓子を受け取ると、
まぶたを閉じた。朝早かったから、眠たいのかな?
「もーそんなんでどうすんのやのちん!!野活だよ!!」
そうなのです。今日から4泊5日、野外活動です。ちづちゃんとあやねちゃんと同じ班に
なれただけでもうれしいのに、その上・・
「黒沼たち、たのしそーだね。」
風早君とも、一緒だなんて・・・
前の座席には、風早君と真田君がいて、その隣に城ノ内君。とっても楽しくなりそうだな・・
「ねえ レクしよーよ!」
「れく?」
「レクリエーション!!しりとりてきな!」
「たのしそーじゃん!やろ!!」

ちづちゃんの提案で絵しりとりをすることに。

「やのちんやんないの?」
「ん・・・ちょっと酔っちゃったから。」
「だ・・・大丈夫?」
「大丈夫よ、爽子。私酔いやすいからさ・・・」
そう言ってあやねちゃんは目を閉じた。ほんとに大丈夫なのかな・・しんどそう・・・・
「じゃあ順番は私、龍、爽、風早、ジョーね!」
ちづちゃんは鼻歌交じりにノートをびりっとやぶった。

・・・・絵しりとり、かあ・・・私絵下手なんだよね・・風早君に迷惑かけないかな・・・

ちづちゃんはいったい何を書いたんだろう?
「はい!次龍!!」
ちづちゃんに紙を渡された真田君はしばらく
「・・・・」
と黙ってたけど、さささっとシャーペンを動かして私に渡してくれた。えー・・っと
ちづちゃんが描いたのがリスで、真田君のがスズメ・・・かな?2人ともシンプルで
わかりやすいなあ・・・「め」、「め」かあ・・・めだかにしようかな。
私はシャーペンを動かした。
「・・・爽子、なにそれ。」
「え・・・・」
あやねちゃんだからいいかなあ?
「めだか なんだけれど・・・」     ひそ ひそ
「王子様、わかるか見ものね・・はい、つぎ風早。あんたの番。」
体調よくなったのかな?気のせいか目が輝いているような・・・
「えーと・・」
風早君が持っている紙をちづちゃんが見て、
「爽子、絵下手すぎ!!」
って言って大笑い。わ・・・私が下手なせいで風早君が描けない!!?
「・・・めだか だよね?」
!!わかってくれた!!


なんていうか・・・黒沼の絵は独創的だけど、なんとなく言いたいことはわかった。
「これがわかるとは・・・さすが王子様。」
「愛してるわね♥王子様」
あ~もう!こいつらほんとやだ!!//
「次!ジョー!!」
俺はささっと絵を描いてジョーにパスした。ジョーはふんふん鼻歌を歌いつつ
絵を完成させた。
「俺天才!」
と言いながら吉田に回す。受け取った吉田はなにかひらめいたのか
目を輝かせて絵を描き、
「最高傑作!!」
と龍に渡した。
龍はじっと紙をみつめて動かない。?
「どした?龍。」

「・・・・千鶴・・・これ、ラーメン・・」

「「「「「・・・・・・・・・・・・・・・」」」」」




あとがき

奥さん、ききましたこと?2週間、なんですって!
なにが?
テストまで、あと2週間、なんですって!!
まあ、始めて聞きましたわ。っていうか今月じゅうにテストあったんだー・・・
という心境でございます。現実を話す私と否定する自分が話し合っております。
否定する自分のほうが強いのは言うまでもないv
でもほんと言われるまで気付きませんでしたわ。どうしよう・・・友達んちに泊まりがけで
チョコ作るつもりだったのに・・・・きゃー宿題も終わってない・・・英語やらなきゃ・・・
ひさびさに更新できた・・・(2日ぶりだけど)今日は短めですがここで切ります。
なぜなら総選挙が待っているから・・・!
・・・すいません、説明かっとばしましたね。えーと、私は文芸部に所属しておりまして、
このたび1年生部誌をつくることになったんですが・・!!(わー!!ww)
その表紙をだれが書くか決まってなくて!!みんなで持ち寄って選挙しようということに!
もともとお絵かきすきなので、白雪の絵をかいてみようかなと思っています。
別に採用されなくても誰かにもらってもらえれ・・もらってくれるひといるのかな・・(汗)
ただ表紙の基準が「男子でも手に取れる」なんですよねー・・私の絵おもいっきり少女まんがだから・・・

今日はまんがの発売日だったのでダッシュで本屋さんいってきました☆
よーし!ねるまでマンガかくぞーー!!

スポンサーサイト



| 君届小説 長編 | 2012-02-26 | comments(-) | EDIT | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT